車査定を高額にするお勧めの方法について

いきなりのエンストで不安は広がり

いきなりのエンストで不安は広がり

とある朝早く、いつも通り仕事前の楽しみである朝マズメのフィッシングの為近隣のポイントへと車を走らせていた時。
画像の説明
車庫から車を出す時からその異変には気付いていた。アクセルペダルの反応が非常に悪く、なかなか前進・後進のレスポンスが悪い上にエンジンの吹き上がりも不安定。いざ目的地に走り出してからというものの、アクセルペダルを踏んでも一定スピード以上は全く加速しないばかりか、全くアクセルペダルを踏み込んでいないのにいきなり回転数が2000回転以上に急上昇したりと、何かおかしい。やがて幾らペダルを踏んでも全くスピードが上がらない様になり、ついにエンストしてしまった。冷静になってしばらく時間を置き再びエンジンを始動すると、今度は比較的エンジンの挙動も安定し、何とか自宅の駐車場まで引き返す事が出来た。
中古車(展示車扱いのほぼ新古車)として購入し5年。長距離ドライブを何度もこなした事もあり、そろそろ各部にヘタリが生じて当たり前という認識は持っていたのだが、そもそも車検から戻ってきて2週間も経っていない。以前も突然のエンストに見舞われて事もあってディーラーに話しを伺ったのだが、その時は異常は無いとの事でしばらく様子見となっていた。
現象再現という事で早目に原因を究明した方が良いのか(制御系の問題であれば自分の手にも余る)、騙し騙し乗り続けるのがベストなのか、ちょっと悩みどころだ。結構愛着のある車だけに難しい。近いうちにまた遠征釣行の為のロングドライブが控えており、高速道路の真ん中でいきなりエンストという最悪の事態の可能性を100パーセント排除しなければならないので、尚更である。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

経済成長