車査定を高額にするお勧めの方法について

フェラーリの基本理念を具現化した存在 F40

フェラーリの基本理念を具現化した存在 F40

フェラーリF40は1987年にフェラーリが創業40周年を記念した製作したスーパーカーで、販売当時の公称最高速度の324km/hという記録は世界最速の市販車として知られていました。また、このF40はフェラーリの創業者であるエンツォ・フェラーリが生涯最後に手掛けた車で、「そのままレースに出場できる市販車」というフェラーリの車作りの基本理念を具現化した存在でもありました。
そのため、車体の構成は1960年代のフェラーリ製レーシングカーと同様でしたが、当時開発されたばかりの複合素材等を用いられており、軽量ながら高い剛性を得ることに成功しています。そして搭載されたエンジンは3000ccV型8気筒エンジンでツインターボによって484馬力を発揮しましたが、いわゆるドッカン・ターボの出力特性がありパワーバンドに入った瞬間に急激に強大なパワーが立ち上がることから、プロのレーサーでも扱いが困難な車として知られており、車両開発に参加した現役F1ドライバーのゲルハルト・ベルガ―も「雨の日には絶対に走らせたくない」といわしめた逸話も残されています。

このように一般人には運転すら困難な車でしたが、各国のフェラーリ正規ディーラーにはオーダーが殺到し、発表当初は350台~400台が生産される予定でしたが1992年の生産終了までに1311台が生産されました。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

経済成長