車査定を高額にするお勧めの方法について

居眠り運転防止機能付きカーナビが欲しい

居眠り運転防止機能付きカーナビが欲しい

ローンが残っている車を売る方法
画像の説明
「春眠暁を覚えず」春になると何故眠い? とにかく眠い、そんな睡魔は車の運転中でも襲ってきますね。そんな時には「ガムを噛む」「窓を開けて風を呼び込む」「音楽の音を大きくする」などが一般的なようですが、それでも眠気が取れない時には「1万円札を口に加えて窓を全開にする」と聞いたことがあります。どうも千円札では効果が薄いらしいのですが、確かに飛んで行かないように必死にはなりそうですね。でも本格的に眠い場合はやはりどこかで休憩するのが一番安全であることに間違いはありません。ところでその「休憩すべきタイミングや場所の判断」は誰がするのでしょう? 同乗者があれば「危ないから休憩を!」と運転者に休憩を促せますが、自分自身ではその判断が遅れてしまう事が有り、それが事故につながっているのです。そこで期待したいのが「居眠り運転防止機能」の付いたカーナビの登場です。この機能は、最近の車に備わり始めている安全運転機能との連携によって居眠り運転が予知された場合に、①警告音と共に音声ガイドで停車・休憩を促す。②最寄りの停車・休憩可能場所に目的地を自動設定する。③従わなければ警告音を慣らし、運転者がボタンを押さない限り鳴り止まない。④運転者がボタンを押しても、一定時間で警告が繰り返される。⑤この警告を完全終了させるには、停車してトランク内のボタンを押さなければならない。的なものです。安全運転の為に是非欲しい機能だと思いませんか?
 

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

経済成長